人気のある仮想通貨とは

ビットコインやアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨総称、イーサリアム・リップル・ネムなど)については多くの議論があり、あたかも全てが実際に正当なものであるかのように見なされてます。しかし多くのアルトコインは事前に採掘され、それによって正当性を失うことがあるのです。仮想通貨があらかじめ採掘されている場合は、自動的にそのコインがあなたのデジタル通貨投資リストから外されます。

さらに、多くの企業は、流動性や安全性を提供するための採掘率を一律に定めていません。それでも、アマチュアアルトコインは全体のほんの一部であり、全てを掘り出すのにより多くの時間がかかります。それらはまた、仮想通貨をマイニングすることがどれほど簡単(単純)であるかを示しており、一般的な仮想通貨の危険性に関する論点でもあります。もちろん、ビットコインがそのモデルを実演するまではそれほど簡単ではありませんでした。

2013年から2015年にかけて、3つの最大の仮想通貨は、ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ライトコイン(Litecoin)の順で安定しています。

ビットコインは広く公表されていますが、それほど多くのオプションはありません。

2014年にリップルがライトコインを抜き去り、市場で2番目に大きなアルトコインとなりました。 2015年12月には、リップルの時価総額は211,089,007ドルです。 ライトコインは$ 151,006,662です。ビットコインは$ 6,596,631,791です。

これらの上位3つの仮想通貨の下にも、様々なコインがあります。(過去2年間の定常的な選択肢としては、ドッグコイン、ビシャレス、ステラール、マイザーファインコインで、トップ3のアルトコインに続き大きな時価総額)

イーサリアム

ビットコイン2.0テクノロジの中で最も広く知られているイーサリアムは、おそらくビットコインのブロックサイズ制限を巡る質問と、それを第2の代替デジタル通貨にすることで、YTDの大幅な価格上昇をもたらしました。

このプロジェクトは、プロジェクトが確実に崩壊することを防ぐため、2000万ドル近くの資金を調達しました。多くの人々は、イーサリアムはビットコインができないものを達成できると考えています。

リップル

リップルはライトコインやビットコインとは異なります。その理由の1つとして、過去2年間の時価総額の90%以上を失ったことがあり、投資家にはあまり好まれないものとなってます。

リップルは、それ自体を「リアルタイムの総決済システム」とみなし、民間企業であるリップルが運営する通貨交換と送金ネットワークとして機能します。リップルプロトコルは、XRPまたはリップルと呼ばれる独自の通貨を持つ分散型オープンソースプロトコルです。 リップルは、ビットコインを探している多くの民間金融機関にとってインスピレーションの源泉として役立つ可能性が高いのです。

近年、リップルは、金融業界とリップルモデルの間の相乗効果を象徴する銀行市場に焦点を当てるために、暗号通貨の動きからその焦点を外しました。確かにAmerican Bankerは、「銀行の視点から、Rippleシステムのような流通元帳にはビットコインのような暗号化通信よりも多くの利点がある」と書いています。

ライトコイン

ライトコインはCharles Lee(現在Coinbaseのエンジニアリングディレクター)が設計した仮想通貨としてよく知られております。このピアツーピアインターネット通貨は、ビットコインに非常によく似ています。

ビットコインのようなオープンソースとグローバルのライトコインも完全に分散化されており、ネットワークを保護する数学があります。一部の人々はビットコインよりも改善されたライトコインの高速トランザクション時間を指摘しています。

ライトコインは、市場で最も実証された暗号化通貨実験の1つであり、その実証アルゴリズムは、ビットコイン以外の暗号化方式であるscryptを使用しています。チャーリー・リーは、このシステムをビットコインが金であるとした時の銀であると考えました。また、ビットコインネットワークが特定のボリュームの後でトランザクションネットワークとして処理できない時間があり、ビットコインがすべて容量に達した場合、ライトコインがスピルオーバーを処理できると信じていました。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin